いざというときのためにお財布には余裕をもって 

お金をたくさん貯めたい、という方は貯金することに熱心でしょう。まず会社から給料が入ったら、貯金する分だけ先に抜いておいて、その残りで生活する。正しい貯金の方法です。生活費にしても細かく一週間分に分けて封筒に入れる人もいますし、ざっくりと食費、レジャー代、諸経費などと分ける人もいます。お金って貯めようと思わないと溜まっていかないものです。

今、ご自分のお財布にいくらお金が入っているかご存知ですか?

これにすぐ答えられないとちょっと危機感を持つようにしてください。お金を持つことに関してとても気を使っている方は直ぐにいくら・・・と答えられるでしょう。そもそも「自分のお財布にいくら以上入れない」を決めている方もいらっしゃいます。(こういう人って節約家の鏡ですね!)お金の動きに敏感になることがまず、貯金をふやすための第一歩です。

でもいくら節約のためにお金を、例えば5千円以上は持ち歩かない、と決めていても突然の出費がある場合もあります。そんな時にピンチなのです・・・。

 

賢い節約家はそんなときに備えてお財布の片隅や定期入れなどに1万円札を小さくたたんで入れていらっしゃいます。どんなにピンチの場合があったとしても、大抵は1万円の範囲内でおさまることが多いものです。急な同僚との打ち合わせのための食事や飲み会。または終電を逃してしまい帰宅方法がタクシーしかない。。。そんな時も誰の人生に一度や二度はあるものです。そんな時を想定しての1万円。それはつまりピンチヒッター、お財布の中のピンチを救ってくれる心強い奴なのです!

 

そんなピンチヒッターはピンチの時にしか出てきてはいけないのです。ピンチでない時はそっとお財布の中に隠れてもらいましょう。ピンチヒッターがピンチヒッターでなくなると・・・お財布からどんどんとおカネが出ていってしまいますよ!お金を上手に貯めたい人こそ、あらゆる状況を想定して毎日のお金を使った入らっしゃいます。お金を溜めたいのなら、まずお金に関心を持ち、そして仲良くなる(上手に使う)ことです!

http://xn--nbke3hm8a9dzlwe4532agxc.com

 

飲み会の支払い女性の意見は?

この記事のタイトルについてですが、正直な話を申しますと、女性は絶対に男性よりもたくさん飲み会のお金を支払いたくはないでしょう。もしこの飲み会が独身同士の集まりで、集まった男性が大学生で女性陣が彼らよりもだいぶ年上+仕事でかなりの成功を収めている場合は、もしかすると女性の方が沢山飲み会費を支払う事があるかもしれませんが、でもこれは例外の話です。大抵の女性は飲み会の際、いえ男性と出かける場合も、費用は男性の方が沢山払って欲しい、または払って当然だと思っています。出来る男性はそれを見越して、女性を飲み会やデートに誘いますし、人気のある女性はそんな男性から誘われたいと思っています。

飲み会を開催する場合、女性の参加者をたくさん集めたいのなら女性の飲み会代を男性のそれよりも安めに設定しましょう。でも安すぎる価格設定にも注意してください。というのも、あまりにも安い価格設定をしてしまうと頭の良い女性の場合、集まる男性のレベルが低いのではないか…と気にするからです。そして安い飲み会の場合はどこか危なくも感じるものです。レベルの高い女性達を飲み会に呼びたい場合、料理のおいしいおしゃれなレストランで飲み会の価格を男性よりも低めに設定するのが良いでしょう。おしゃれなレストランでの飲み会なら、もし集まった男性陣がその女性にとってハズレでも、「おいしい料理とお酒を楽しめたから良しとしよう!」と女性は思うものです。損をしたと思わせないようにするのも、出来る幹事の仕事です!

基本的に女性はずるい生き物なので、何か損をするとそれがずっと心の中に残っているのです。しかも男性と違ってそれはなかなか消えません。(だって、女性は記憶力が男性よりも優れているものでしょう!?)だから女性に良い思いをさせてあげたいのなら、絶対に女性の損になるようなことをしないことです!それにはまずおいしい料理を食べられたという安心感が必要です。何かお得感があると女性はたとえつまらなくて盛り上がらない飲み会でも損したとは思わないものです。それにさらに飲み代が男性よりも低額だと、例えおごられたわけでなくても満足するもの菜です。

飲み会は割り勘にすべき?

飲み会にも様々ありますが、もしあなたが学生で飲み会をするメンバーも学生なら当然その料金は割り勘になるでしょう。どこの大学に行っている学生か、どんな家庭環境で育ってきたかで同じ「学生」という立場でも自分のために使えるお金は限られています。学生企業家など、よほどお金に対して進んだ考え方をしている人でない限り学生の立場ではお金が無くて普通でしょう。アルバイトをするといっても学生の間は学業が大切。ですからお金が沢山使えなくても恥ずかしい事ではないのです。だからそんな学生たちが集まって交流の輪を広げるためにする飲み会では割り勘で代金を支払うのは参加者に対して平等なはずです。

でもちょっと気遣いが出来る男性が幹事をしている場合は、女性の飲み会代を少し安くしてくれる事があります。そんな男性陣はかっこいいものです。女性もどうせ飲み会に参加するなら、男性陣よりも少し安く飲み代を設定してくれる男性と飲みに行くべきです。

 

仕事の場での飲み会は上司が払ってくれたりすることもあります。上司の方がお給料をたくさんもらっているはずですよね、普通に考えれば。ですから上司が飲み会代を高く払ってくれても良いはずです。仕事の場での飲み会は職場内の雰囲気を良くする、という目的の元のものですから、上司がその辺り、気を効かせてくれるのは(もしかすると)当然かもしれません。

 

日本では飲み会で交流関係が広がっていく部分がありますよね。海外、特に欧米ではこの飲み会に変わるのがパーティーです。パーティー文化が盛んの国はパーティーによって新しい交友関係を広げたり、異業種の人と触れって自分の世界を広げます。ですからパーティーには本当に様々な人が参加します。大抵の小さなパーティーではそれを行う主催者が費用を持ちますが、でも日本の場合、そのパーティーに変わるものが飲み会です。飲み会は規模をあまり大きくしないのが通例です。社内や仲間などで飲むのが普通です。そんな身近な人達と飲むのですから、費用の面でなるべく平等に行きたいもの。だから飲み会では割り勘で代金を支払うのが、その後の仲間同士の関係をスムーズにするうえでも良いでしょう。